近畿大学附属新宮高等学校・中学校
校長 池上 博基

 本校は昭和38年、近畿大学創設者世耕弘一先生が自らの生誕地である新宮市に創設されました。
 学園は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録された紀伊半島の最南端に位置し、太平洋・
新宮市内が一望できる小高い丘にたたずむ恵まれた教育環境にあります。
 本校の教育は、近畿大学の建学の精神「実学教育と人格の陶冶」のもと行われ、その精神を受け
継ぎながら、未来型志向の大学をバックボーンに、校訓「人に愛される人、信頼される人、尊敬さ
れる人になろう」を基本理念としています。一人ひとりの個性を生かした進路目標を達成させると
ともに、相互敬愛の精神を育む教育をめざし、紀南地方唯一の私立進学校としての輝かしい実績と
伝統を築いてきました。

個別指導の充実をはかる

「学習指導と人間教育の統一」をモットーに学力の向上と人格形成を目指すため、個別指導の充実をはかるチューター制度を実施しています。
生徒一人ひとりの状況や個性に応じて「学習のペース・進路相談や受験プランの作成、総合型選抜入試・推薦入試での面接・小論文指導」など、きめ細かい指導を行ない学力の向上をはかります。
人間教育では厳しさのなかにも温かみのある生徒指導で、「挨拶」「身だしなみ」を重点に基本的な生活習慣の確立と個性の尊重を心がけています。また、「知力・体力・精神力」を備えた全人格教育をめざす学校づくりを推めています。

自ら学問する環境づくり

 生徒一人ひとりを大切にすること、専門的知識に秀でていること、教師という職業に誇りを持つことなど、教師として大切なことはたくさんあります。その上で、「生徒自身が主体的に考え、自ら学問しようとする環境づくり」のため、情熱あふれる教職員が労を厭わず取り組んでいます。

校章・沿革・校歌

学園章は、梅の花弁を象徴したものです。
五つの花弁は、大学の大、花芯も大。 人そのものでもある。 これは、大学の現、及び未来に向かっての存在と位置をかたどるものです。
一部がやや離れているのは未来志向に基づく内面の未完、 さらに充溢、完熟をめざし向かう形姿。
一本のつよい線に貫かれる。

沿革

昭和3841文部省により「附属新宮女子高等学校」の設置認可、校長に松野三郎就任
昭和39531「附属新宮女子高等学校」校舎新築工事(2,809m2)竣工
昭和41310附属新宮女子高等学校第1回卒業式
昭和411210附属新宮女子高等学校校舎落成式
昭和4741附属新宮女子高等学校長に城野利行就任
昭和4991附属新宮女子高等学校長事務取扱に若林芳樹就任
昭和5341附属新宮女子高等学校校長代理に広瀬順就任
昭和5541「附属新宮女子高等学校」を「附属新宮高等学校」に改称
昭和5641附属新宮高等学校長に広瀬順就任
昭和5941附属新宮高等学校長に熊井英水就任
昭和6241高等学校に「特別進学コース(男女共学)」を設置
平成3114文部省により「附属新宮中学校」の設置認可、中高併設型の「中高一貫コース」を設ける
 41高等学校に「文・理コース(男女共学)」を設置
 91附属新宮高等学校・中学校長に合田進就任
平成441附属新宮高等学校・中学校長に世耕忠就任
平成6921附属新宮中学校校舎(20,200m2)竣工
平成1041コース改編により「特別進学コース」と「文理コース」の両コースを統合、「特別進学コース(高等学校3年制)」を設置
平成1141附属新宮高等学校・中学校長代理に小芝稔就任
平成1341附属新宮高等学校・中学校長代理に後誠介就任
平成1541附属新宮高等学校・中学校長に後誠介就任
平成1741コース改編により、高等学校に「アグレッシブコース」と「フロンティアコース」を設置
  附属新宮高等学校・中学校長に室紀男就任
平成1841附属新宮高等学校・中学校長に橋本昭彦就任
平成1862附属新宮中学校と中華民國台北縣立新埔国民中学および台北縣立二重国民中学との間で姉妹校提携協定書に調印
平成2641附属新宮高等学校・中学校長に川合廣征就任
平成3141附属新宮高等学校・中学校長に池上博基就任

校歌

Map

近畿大学附属新宮高等学校・中学校
647-0081 和歌山県新宮市新宮4966番地
TEL.(0735)22-2005 FAX.(0735)21-7890

JR新宮駅から徒歩約20

上部へスクロール